銀歯が気になっていませんか?

「銀歯が気になって、口を開けて笑えなくなってしまった……」なんてこと、ありませんか? 銀歯は白い歯の中にあるととても目立つため、気にしている方は少なくありません。でも、そんな悩みは審美歯科で解決するこができます。

審美歯科では、金属の詰めもの・被せものを白いセラミック製のものに取り替え、キレイな口もとをつくる治療を行います。もちろん咬み合わせなどの機能性にも、十分に配慮。あなたも、健康で美しい口もとを取り戻しませんか?

銀歯の意外な落とし穴

銀歯の問題は、実は見た目だけではありません。歯科治療に金属を用いることには、ほかにも次のような意外な落とし穴があります。

【目立つ】

白い歯の中で銀歯は目立ちます。歯科先進国である北欧などでは審美歯科への意識も高く、すでに銀歯は使用されていません。

【歯ぐきを黒ずませる】

お口の中で徐々に金属イオンが溶け出し、歯ぐきを黒ずませてしまうことがあります。

【金属アレルギーを招く】

金属イオンが体内に取り込まれることで、金属アレルギー(金属に触れると肌にトラブルが起こる病気)を招くことがあります。

【歯ぐきとの境目にラインができる】

被せものの土台に金属を用いていると、歯ぐきがやせたときに黒いラインのように見えてしまうことがあります。

銀歯とセラミックの違い

当院では、審美性・機能性両方においてメリットがあるセラミックをオススメしています。この2つの素材を比較してみましょう。

  銀歯(金銀パラジウム合金) セラミック
見た目 銀歯(金銀パラジウム合金) セラミック
審美性 白い歯の中にあると目立つ 白さ、透明感ともにまわりの歯に合わせられるため、自然で美しい
耐久性 経年劣化しやすく、数年で取り替えが必要 強度が高く、メンテナンス次第で長期的に使用できる
安全性 金属アレルギーの原因になることがある 金属アレルギーの心配は不要
まわりの歯への
影響
天然歯より硬く、咬み合う歯を傷めてしまうことがある 天然歯とほぼ同じ硬さであり、咬み合う歯を傷めない

取り扱い素材紹介

オールセラミック
オールセラミック セラミックのみを使用した詰めもの・被せもの。白さや透明感を、まわりの歯の色に合わることができます。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★

【メリット】

  • 自然で美しい見た目にできる
  • 変色しにくい
  • 汚れがつきにくい
  • 金属アレルギー、歯ぐきの黒ずみなどの心配がない

【デメリット】

  • 歯を削る量が多くなるケースがある
  • オールセラミックにも種類があり、硬いものでは咬み合う歯を傷めることがある
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック セラミックとレジンをかけ合せた素材でつくられた、詰めもの・被せもの。適度な軟性を持ちます。
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★☆

【メリット】

  • 見た目が美しい
  • 硬すぎず、咬み合う歯を傷めない
  • 金属アレルギー、歯ぐきの黒ずみなどの心配がない

【デメリット】

  • 美しさはオールセラミックよりやや劣る
  • 経年によって変色することがある
  • 咬み合わせによっては使用できない
ファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバーを素材にした被せものの土台。光の透過性や適度なしなやかさを持ちます。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★

【メリット】

  • 被せものの透明感を損なわない
  • しなやかさがあるため歯根を傷めにくい
  • 金属アレルギー、歯ぐきの黒ずみなどの心配がない

【デメリット】

  • 歯の状態によっては使用できない
メタルボンド
メタルボンド 金属製のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せもの。強さと美しさを兼ねそなえています。
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★

【メリット】

  • 見た目が美しい
  • 変色しにくい
  • 汚れがつきにくい

【デメリット】

  • 透明感はオールセラミックよりやや劣る
  • 歯ぐきがやせると金属が見えてしまうことがある
  • 金属アレルギーの原因になることがある

歯の黄ばみでお悩みの方は下をご覧ください

歯の黄ばみはホワイトニングで解決

「こんなに黄色い歯じゃなかったのに……」「白い歯の人がうらやましい……」とお悩みの方、ホワイトニングで白い歯を取り戻しませんか? ホワイトニングは薬剤をつかって歯を白く美しくする処置。薬剤は身体に安全なものを使用するため、安心です。

結婚式や就職活動など、大切なイベントの前に。あなたもホワイトニングで自分の笑顔に自身を持ちましょう!

歯が黄ばむ原因

【加齢】

歯の内側の象牙質はもともと黄色みをおびていますが、加齢によって強さを増します。また表面のエナメル質が徐々に削られて薄くなり、象牙質がすけて黄ばんで見えてきます。

【飲食物】

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー、ケチャップなど、日々摂取する飲食物の強い色素が、歯を徐々に着色していきます。

【タバコ】

タバコのヤニが歯にはりつき、歯を黄ばませます。

【むし歯】

むし歯を放置すると、歯は少しずつ黄ばむことがあります。また悪化して神経をとると、歯は変色していきます。

【抗生物質】

テトラサイクリンという抗生物質を長期的に飲んでいたという方は、歯が黄ばんでいることがあります。これは妊婦が服用すると、胎児の歯も黄ばんでしまうという報告もあります。

ホワイトニングが受けられない方

残念ながら次のことに当てはまる方は、ホワイトニングをお受けいただくことができない、もしくは、受けても効果がありませんのでご注意ください。

むし歯・歯周病にかかっている方

先にそちらの治療を済ませてからお受けください。

妊娠中の方

ホワイトニングには薬剤を使用するため、妊娠中はお控えください。

詰めもの・被せものを白くしたい方

ホワイトニングでは人工歯を白くすることはできません。新しいものにお取り替えください。

変色がとても強い方

歯が強い変色を起こしている場合には、白くならないことがあります。

神経のない歯を白くしたい方

ホワイトニングでは、神経のない歯を白くすることはできません。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、オフィスとホームの2種類があります。その中でも当院ではホームホワイトニングをオススメしています。

ホームホワイトニング
~長持ちさせたい方にオススメ~
ホームホワイトニング
歯型を採ってつくったマウスピースに低濃度の薬剤を入れ、ご自宅で毎日一定時間装着して歯を白くしていく方法。

【メリット】

  • 効果が長続きする
  • 低濃度の薬剤で刺激が少ない
  • 通院回数が少ない
  • 自分のペースで行える

【デメリット】

  • 効果が現れるのに日数が必要
  • 毎日続ける必要がある
  • 処置前のクリーニングを自分でする必要がある

銀歯や歯の黄ばみでお悩み方は一度ご相談ください 048-840-4618

  • ページトップへ