気になる歯並びは矯正しましょう

歯並びの乱れは、見た目が気になるだけが問題なのではありません。むし歯歯周病になりやすかったり、咬み合わせが悪いことで肩こりや頭痛、めまいの原因になったり、さらには顎や顔、全身のゆがみを招いたりすることもあるのです。

矯正歯科では、乱れた歯並びを徐々に正しい位置に誘導していく治療を行います。当院ではお子さんから大人の方までの矯正治療に対応しています。また治療前の無料相談も実施していますので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。

矯正をするメリット・しないデメリット

矯正治療は、歯並びの見た目をよくするだけでなく、ほかにもさまざまなメリットを持っています。デメリットと併せてご紹介します。

矯正をする
メリット
  • 口もとを美しくできる
  • 歯みがきがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防につながる
  • 食べものをしっかり咬み砕けるようになって栄養の吸収が促され、胃腸への負担が軽減する
  • 正しい発音ができるようになる
  • 肩こりや頭痛、めまいなどが改善されることがある
  • 歯並びのコンプレックスを解消できる
矯正をしない
デメリット
  • 食べカスが残りやすく歯みがきもしにくいため、むし歯や歯周病になりやすくなる
  • 食べものを丸飲みしがちになって栄養の吸収を妨げ、胃腸に負担をかける
  • 発音を正しくできないことがある
  • 顎関節に負担をかける
  • 顎がゆがむなど、正しく成長できないことがある
  • コンプレックスを招くことがある

歯並びチェックをしませんか?

あなたの、またお子さんの歯並びはどんなタイプですか? 次のものに当てはまる方は、矯正治療が必要な可能性があります。一度当院にご相談ください。
※画像をクリックすると切り替わります。

上顎前突

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯、または歯列全体が前に出ている歯並び。いわゆる「出っ歯」です。原因には、上下の顎の成長バランスが悪いことが考えられます。また、鼻炎による鼻づまりや口呼吸の原因の一つです。

矯正治療の流れ

STEP 1 初診 初めに患者さんのお悩みをくわしくうかがってから診察を行い、歯並びの状態を確認します。治療費、期間についてご説明します。
STEP 2 検査 次に、「むし歯・歯周病のチェック」「咬み合わせの検査」「歯型を取って模型を作る」などの精密検査を行います。
STEP 3 治療開始 矯正装置を歯に取りつけ、治療を開始します。治療期間中には、装置の調整などのために定期的にご来院いただきます。
STEP 4 保定期間 歯が正しい位置に移動したら、後戻りを防いで安定させるために、保定装置を装着して期間をおきます。
STEP 5 治療終了 歯の位置が安定したら治療終了です。治療後にもメンテナンスのために、定期検診にお越しください。

矯正装置紹介

クリアブラケット
クリアブラケット 透明なプラスチック製のブラケットを用いた装置。

【特徴】

  • 装置が目立たない
  • 痛みが少ない
マウスピース矯正
マウスピース矯正 歯型を採って透明なマウスピースをつくり、歯の移動に合わせて交換しながら正しい位置に動かす方法。

【特徴】

  • 透明で目立たない
  • 食事や歯みがきのときに取り外せる
  • お口の中を傷つけにくい

床型拡大装置
マウスピース矯正 歯型をとって、主に顎を広げる目的で使用する装置。

【特徴】

  • 小学生から中学生にかけて使う
  • 主に寝ているときに使用
  • 成長を利用する
  • 取り外しが簡単で痛くない

矯正治療無料相談のお問い合わせはコチラまで 048-840-4618

  • ページトップへ